歯科医院での保険治療について

ホームへ戻る >  サーバー無料か有料か  > 歯科医院での保険治療について

歯科医院での治療は原則として保険が適用されます。つまり保険証の提示をすることで原則3割(年齢や所得によって異なる)の負担で済ませることができるのです。しかしどんな治療でも必ず保険が適用されるわけではないので注意が必要です。


健康保険とはその怪我や病気の治療を行わなければ日常生活に深刻な影響・支障がもたらされる場合に適用されるものです。どうしても治療が必要な疾患に対して最低限の治療を受けられるために用意されている制度なのです。虫歯の治療はその範囲に含まれているのですが、あくまで「最低限の治療」となります。具体的に言えばあらかじめ定められている治療法のみが対象となるのです。

そのため、その定められた治療法を逸脱した治療を受けたい場合には虫歯の治療でも保険が適用されなくなってしまいます。もっとも典型的な例がクラウンでしょう。


保険適用が適用なのは「銀歯」と呼ばれる銀やニッケルなどの金属を合成したもののみ。それ以外のセラミックなどの素材を使用する場合には自費診療となります。その結果、銀歯なら数百円程度の負担で済むものがセラミックになると万単位の負担が必要になることもあります。


歯科医院での保険適用のもうひとつのポイントは各クリニックごとの格差。健康保険はどの医療機関で受けても同等の治療を同等の料金で受けられることを大前提としています。一方、保健適用外の自由診療にはそういったことはなく、各クリニックが独自の技術や設備を用意し、料金も自由に決めることができます。それがクリニックごとの個性、さらには評判のよしあしを決定付けることもあります。


もはや歯科医院での治療は保険が適用されて当たり前、という時代ではなくなっており、適用外の治療も踏まえたうえで自分にとって最適な選択肢を見つけることが大事なのです。