ウォーターサーバーの水を料理につかう

ホームへ戻る >  普段からの習慣を見直す  > ウォーターサーバーの水を料理につかう

ウォーターサーバーを使った宅配水は、会社や店舗だけでなく、家庭でもレンタルされて使われることが多くなっています。会社や店舗よりも家庭の方が水を使う機会は多いので、ウォーターサーバーが多くレンタルされるのは当然かもしれません。昔の家庭では、水道水を飲んだりしていましたが、最近では塩素による殺菌消毒の健康への不安が知られて、水道の水は飲まれなくなってきました。その代わりとして、ウォーターサーバーがレンタルされているのです。

水道水を飲むのはもちろんおすすめできませんが、できれば料理にも使わない方がよいでしょう。せっかく作った料理も水道水だった場合は、カルキ臭さがうつってしまったり、水道水の残留塩素が食材に含まれるビタミンを破壊してしまうこともあります。ウォーターサーバーの水は硬水である天然水や軟水のピュアウォーターが使われますが、飲み水としてだけでなく、料理用の水としても使うのであれば、クセのないピュアウォーターを選ぶのがおすすめです。お米を炊くときにもよいですし、昆布やカツオの出汁をとるのにも適しています。ピュアウォーターは軟水ですので、グルタミン酸やイノシン酸などのうまみ成分が抽出されやすくなっていくのです。また、肉料理などの洋食にはミネラルが多く含まれる硬水がよいとされています。


ミネラルが含まれる硬水とクセのない軟水のどちらの宅配水を選ぶかは好みですが、水道水の危険性が知られている今は、できるだけ料理にもウォーターサーバーの宅配水を使いたいものです。