人工の歯を取り付ける

ホームへ戻る >  普段からの習慣を見直す  > 人工の歯を取り付ける

銀座近辺の歯科医院は審美歯科が多いため、銀座近辺の歯科医院での治療は、入れ歯になることは少ないと思われる方が多いかもしれません。審美的なものから考えれば、インプラント治療が思い浮かぶと思います。審美的な面や噛むことにおいて、自分の歯のようにと考えればインプラントはとても優れています。自分の歯と同じ感覚でものを噛むことができ、話す時にも違和感が少ないといわれています。ですが、必ずしもインプラントでの治療が最適とは限りません。メリットだけではなく、デメリットもあります。

インプラント治療は、インプラントを骨に埋め込む手術をすることになります。インプラントと骨をしっかりと結合させるためにも、人工の歯を取りつけるまでにある程度の期間をあける必要が出てきます。また、骨の量が必要量に足りていない場合、それを補う治療も必要となります。そのため、治療期間が長くかかってしまうことになります。費用も、保険診療と自費診療の両方ある入れ歯と比べると、自費診療のみなので高額に感じることと思います。銀座周辺の歯科医院に限らず、信頼できる歯科医院であれば、選択肢が1つということはありません。双方のメリット・デメリットをしっかりと比較して、治療法を選択するようにしたいものです。