重視されてきた予防歯科

ホームへ戻る >  普段からの習慣を見直す  > 重視されてきた予防歯科

よほど痛みが出ない限り、歯科医院には中々行かないという方がほとんどではないでしょうか。しかし、虫歯は、放置しておくとどんどん進行していきますし、大きな虫歯になるほど、ダメージや時間もかかることになります。最近は、インプラントへの関心も高まっており、九段下の歯科医院でも広く対応しているところが多いようです。インプラントが注目されるということは、日本では、それだけ歯を失う方が多いということです。欧米に比べると、日本は予防歯科への意識が低く、歯を失う状態まで放置されていることが多いということです。学校の歯科検診などでは、虫歯の有無だけ一律に調べ、はい、虫歯ですという通知が一方的に渡されます。

歯科医院へ通うきっかけとはなりますが、もっと予防歯科への関心を高めることも大切です。九段下の歯科医院でも、定期的なメンテナンスをすすめる歯科医も多く、予防歯科の必要性が重視されています。インプラントに関する技術の進歩は嬉しいところですが、本当ならいつまでも自分自身の歯で美味しく食事を楽しみたいものです。地道に歯科医院に通い、予防歯科を受けることが、歯を健康に保つ為には最も有効な方法といえるのではないでしょうか。