なぜデザインウォーターが存在するの?

ホームへ戻る >  普段からの習慣を見直す  > なぜデザインウォーターが存在するの?

時おり「デザインウォーター」という言葉を耳にするという方もいらっしゃるのではないでしょうか。このデザインウォーターとは、RO膜を利用してろ過をして不純物等を一切取り除いた水に、ミネラル分を添加したものです。純水にはミネラル分も一切含まれていませんので、これを飲み続けると人間が最低限生命を維持するための必須ビタミンやミネラルが欠乏してしまいます。また体内の電解質バランスが乱れ、健康に影響が出る恐れがあります。そのために、軟水である範囲を逸脱しない程度にミネラル分を加えているのです。

硬水には軟水と違いデザインウォーターと言われるような、いわば作られた硬水はありません。軟水は、日本人の味覚にあっていますし日本で採取される水でもあります。どんな地域の方にも飲みやすく、親しみを持ってもらえるようにデザインウォーターは調整されています。また、ミネラルバランスが偏った水は飲みにくさを感じるものです。ウォーターサーバーで使われるお水は、カルシウム2:マグネシウム1のバランスでミネラル調整を行っています。もちろんナトリウムやカリウムなどもプラスしているので、熱中症予防にもお勧めです。


このほか、バナジウムを配合した健康に良いお水も販売しています。ウォーターサーバーで使用できるお水はデザインウォーターだけではなく、自然の恵みをそのままにパッケージングした天然水なども販売していますので、ライフスタイルに合わせてお水選びをしていくとよいでしょう。