こだわりを持った家を建てる

ホームへ戻る >  兵庫県の住宅事情  > こだわりを持った家を建てる

九州の南部にある鹿児島県は、南は海を隔てて沖縄県に、北は熊本県に、北東から東部にかけて宮崎県に接している県です。この県は古来より、外国からの文化の伝来の地としてよく知られ、日本の玄関としての役割をはたしていました。気候は南海型、西海型、亜熱帯型の3つに同じ県内でも分けられます。県内では大隅半島が属します南海型気候は、九州の東半部から四国、紀伊半島南部に連なる地域に分布します。

この気候の地域では、年間平均気温17℃前後で、降水量は2000~3000ミリメートルです。県内では鹿児島湾岸から西側の地域が属する西海型気候は熊本県の一部、長崎県が含まれます。この気候の地域では、年間平均気温15℃前後で、降水量は2000ミリメートルを越すことが多いです。種子島以南の地域に分布します亜熱帯型気候は、年間平均気温19℃~22℃で、降水量は2000ミリメートルを超えます。人口はこの県では減少から停滞の状況が長く続いていて、その人口も老齢化が問題となっています。鹿児島県で注文住宅を建てる場合、工務店や、住宅メーカー、設計士などに建ててもらうこととなります。どういった点にこだわった注文住宅を建てたいかによって、依頼する場所も変わってくるかと思います。せっかくの注文住宅ですから自分のこだわりをしっかりと持ち、それに答えてくれるところと納得いくまで相談し建てられると良いと思います。