資産価値のある家を持つ

ホームへ戻る >  兵庫県の住宅事情  > 資産価値のある家を持つ

クレジットカードを申し込む際に申し込み用紙に、家は持家か賃貸か、住み始めて何年か、などを記入する欄があることを皆さんご存じでしょうか。クレジットカードの申し込みに家は関係あるのか?と思いますが、それだけ、家は資産価値があるのでしょう。注文住宅で家を建てる事は、多くの人が望む家のスタイルではないでしょうか。更に家の購入は人生最大の買い物であり、人生において二度、三度あることではないでしょう。気に入らなかったから、買い換える、建て替えるという訳にはいかないものです。注文住宅を建てる際には、自分のプランで自由にできますが、その土地の気候や風土に合った住宅のスタイルであることも必要です。京都は三方を山に囲まれている為に、空気の循環が悪く、夏はじめじめと蒸し暑く、冬はしんしんと冷え込むのが特徴です。

更に日本のどの地域よりも、四季を感じられるのが京都の魅力あるとも言えるでしょう。京都での注文住宅の場合については、このような気候を考慮しなければなりません。複層ガラスにすることで、夏の蒸し暑さを解消する、床暖房を入れることによって冬の底冷えする寒さに対応するなど、快適に暮らす為のアイディアが必要です。ハウスメーカーの良さもあると思いますが、京都の土地で経験豊かな工務店の方がきめ細やかな対応が期待できるでしょう。