適切な着工時期とは

ホームへ戻る >  家事のしやすい動線とは  > 適切な着工時期とは

家の購入にあたっては、人それぞれ価値観が違いますから、何に重点をおいて(新築・中古)家を購入するかは人それぞれですが、新築物件を購入したいと考える人、中古物件をリフォームやリノベーションをする事によって自分の好きなように変える人など、様々です。大不況と言われる今は、新築マンションの売れ行きは悪く、どんどん値下げして売れば売るだけ会社側は赤字になると言われており、買い手市場と言われている程です。

家を購入した、その後は住宅ロ-ンの支払いが長い期間待っています。北海道は、一部沿岸地域を除くと、ほぼ全域が亜寒帯湿潤気候です。夏と冬の温度差が大きく冬の積雪は根雪となり、道内全域が豪雪地帯、一部地域は特別豪雪地帯になっています。道北、道東は寒さが非常に厳しく、沿岸部を除くほぼ全域で最寒月の平均気温が-8度以下となり、零下20度以下まで下がることがあります。北海道で新築住宅を建てる際には、寒さ対策が最も重要と言えるでしょう。また、季節によって下水道工事が困難になることもあり、北海道での新築工事は、着工の時期が費用的に大きな影響を及ぼすことになります。北海道ではマンションも増えていますので、高気密なマンションでの生活も良いでしょう。