結露の原因を排除する

ホームへ戻る >  家事のしやすい動線とは  > 結露の原因を排除する

鳥取県は、冬は積雪があり夏は高温多湿で蒸し暑いため、注文住宅を建てるのなら、快適に暮らせる家づくりをしたいものです。鳥取県の気候を考えると、注文住宅で省エネ住宅(省エネルギー住宅)にすれば、一番快適に暮らせるとお考えの方もいらっしゃると思います。気密性・断熱性を高め、室内環境を一定に保ち、使用するエネルギー量を少なくできる省エネ住宅ですが、省エネ住宅のメリットを生かし快適に暮らすためには、注意しなければならないことがあるのをご存知でしょうか。

鳥取県の厳しい気候でも、夏は涼しく、冬は暖かく暮らすことができる省エネ住宅ですが、室内の湿度に気を配らなければならないことを忘れてはいけません。気密性が高いため、洗濯物を室内に大量に干す場合、結露を防ぐために換気扇を回すなどの排気をする必要があります。また、灯油ストーブやガスファンヒーターのような室内排気をする暖房器具を使用すると、室内の空気を汚し、水蒸気によって結露の原因になります。暖房器具は、屋外排気をするものを選ぶ必要があります。注文住宅で省エネ住宅にするのであれば、建物の性質をよく理解し、それに合わせた配慮をしながら、快適に暮らしていけるようにしたいものです。