家事のしやすい動線とは

ホームへ戻る > 家事のしやすい動線とは

テーマパーク近くに住む
人気のある場所に住むには
結露の原因を排除する
商業施設近くに住んでショッピングを楽しむ
適切な着工時期とは

一般的に注文住宅や建売住宅などを扱う住宅業界では、大手メーカーよりも地域密着型の工務店やハウスメーカーの方が、提案力や品質、コストパフォーマンス、アフターサービスなどの面において優位であることがいえます。その理由としては、注文住宅や建売住宅は車業界や家電業界などの他の業界と違い、工場で大量生産できるものではなく、建てるのは地元の人であり、アフターサービスも地元の人が行なっているからです。そして栃木県で住宅を建てるのであれば、栃木県の気候・風土を理解した企業の方がその地にあった建物のプランを提案できるからです。大手のメーカーで経験を積んだ営業マンが地元の企業に転職するケースも多く、大手の良いところとその地域の特性をうまくミックスさせたプランが提供される場合もあります。栃木県の注文住宅で望まれるプランとしては、女性の願いを重視した間取りです。

女性の願いで多いものは、家事のしやすい動線であること、一度リビングやダイニングを通ってから各部屋に分かれるリビングアップ階段、ダイニング又はリビングの吹き抜け、収納が十分であることです。これらの願いは栃木県だけではなく全国の女性に共通するものであるでしょう。