材木選びのコツ

ホームへ戻る >  子育て支援が充実している土地  > 材木選びのコツ

現在、旦那の仕事の都合で香川県から東京に来ています。3年という期間限定の転勤なので、香川に戻った暁には、注文住宅にて家を建てたいな・・・と考えています。東京は一戸建てよりもマンションの方が多く感じますが、数少ない一戸建てながらもおしゃれな家が多く、現実的に家の建築を考えるようになってからは、散歩がてらいろいろな家を見て勉強しています。香川県には実家の土地があるので、そこを多少整備して、家を建てようと思っています。その地域で目立とうと考えているわけではありませんが、よくありがちな家造りだけは避けないな・・・と考えています。

インターネットなどでも注文住宅の情報はたくさん検索できます。業者さんから実際に建てた家の画像から値段まで。インターネットの普及により、いろいろな情報は以前より豊富に収集できるようになりましたが、やはり私は自分の目で実物をみたり、触ったり、感じたりしたものでないと信じられない部分があります。今住んでいるマンションは、床材はやわらかいものです。見た目、普通のフローリングと変わりません。床暖房まではいかないものの、冬に裸足で歩いていても寒くありません。最初はそれが良かったのですが、傷が付きやすいのです。これは実際に住んだ人でないとわからないことですし、業者さんは、「床暖房は電気代がかかりますが、これはかかりません」とお勧めしてくることでしょう。でも私は、傷がつきやすいことを知っているので、自分の家を建てる際、この床材は選びません。