防災士の養成に力を入れる地域

ホームへ戻る >  子育て支援が充実している土地  > 防災士の養成に力を入れる地域

家の購入は、一戸建て(建売、注文住宅)マンションに係わらず、ほとんどの人が一生に一度の最も大きな買い物であり、良くなかったからといって、又買い換える、建て替えるという訳にはいきません。ですから、購入の際には慎重にならざるを得ません。どこに注意して家を選ぶか、どこに相談して家を建てるか、といった迷いや不安を抱かれる方も少なくないでしょう。住宅ロ-ンの支払いにあたっては、購入後の長い期間にわたって私達の生活に深く関わってきます。全てにおいてパ-フェクトというのはなかなか難しいでしょうが、後悔しない、納得のいく家づくりの為に納得のいくまで検討することが必要です。地域に根ざした工務店では、その地域の気候や風土を深く理解している為、その土地に最適な住宅を建築することが可能と言えます。一戸建てにおいては、まず、その土地の気候に適した住宅のスタイルでなくてはいけません。静岡県は太平洋側気候で温暖、降雪も少ないですが、旧井川村と旧水窪町は雪が多く豪雪地帯です。

北部には富士山や赤石山脈といった3,000m級の山々がそびえ、ここからいくつかの河川が流れています。東部は火山が多く、西部には台地が見られます。静岡県では、切迫する東海地震に備えて、防災に関する専門的知識や実践力を体系的に習得し、防災の現場で活躍できる人材「静岡県防災士」の養成に力を入れています。いつ起こるか分からない地震に備え、静岡県で一戸建てを検討する際には、防災を考慮することが必要でしょう。