環境に配慮した快適な一戸建て

ホームへ戻る >  子育て支援が充実している土地  > 環境に配慮した快適な一戸建て

鳥取の一戸建て人気エリアは、鳥取市、米子市、境港市などが人気です。


また、西伯郡大山町や西伯郡伯耆町も注目地域としておすすめです。また、鳥取県では、県産杉を活用した一戸建てを奨励しており、鳥取県木の住まい作りコンクールなども開催しています。


県産の材木を利用し、鳥取の業者による住宅建築がさかんになることで、住宅事業の活性化や、県産杉の需要拡大が期待されるでしょう。


鳥取県では、新築一戸建てを建築する際に、県産の材木を使用すると、最大80万円の補助をうけられる助成制度があります。


また、伝統工法を取り入れると15万円が助成され、環境性能についても、5万円の助成金が保証される制度があります。こうした鳥取県木の家助成制度は、鳥取で一戸建てを建てる場合には、魅力的ですので、積極的に利用することをおすすめします。

とくに、ハウスメーカーと違い、地元の工務店が建てる家は安くてよいので、そういった情報を提供してくれる人や、一戸建て探しで有名なサイトなどがオススメでしょう。


伝統工法とは、木材による在来軸組み法や、手刻み作業、鳥取建材を利用した外壁や、漆喰や土壁を利用した内壁などが挙げられます。


また、日本独特の瓦葺なども、助成制度に該当します。興味のある方は、詳しく区役所の住宅政策化へ問い合わせるとよいでしょう。鳥取で一戸建てをたてるなら、こうした制度を上手に利用し、環境に配慮した快適な住まいを建てることをおすすめします。