子育て支援が充実している土地

ホームへ戻る > 子育て支援が充実している土地

環境に配慮した快適な一戸建て
住んでいくために必要となってくるランニングコスト
防災士の養成に力を入れる地域
厳しい寒さ対策をする家づくり
材木選びのコツ

広い一戸建てを建てて田舎暮らしを望むなら、九州はいかがでしょう。人と自然が一体となり、活力あふれるまち作りを目指しているのが佐賀市です。


2005年に諸富町、大和町、富士町および神埼郡三瀬村が新設合併、さらに2007年10月1日に川副町、東与賀町、久保田町が編入合併し、新しい佐賀市ができました。


これから一戸建てを購入し、子供を育てていく家庭にとって子育て支援が充実している土地に住みたい人は多いでしょう。佐賀市は乳幼児医療が、小学校就学前まで所得制限なく受けることができます。また、保育園や私立保育所も充実しており、保育所入所待機児童数が0人という実績をもっています。実際に住んでいる住民の意識調査からは、街並みの景観の美しさや緑豊かな自然、治安の良さ、洪水や地震などの災害に強い、大型商業施設が充実し、買い物に便利など非常に暮らしやすい町であることもわかります。

市内で一戸建てを希望するなら、蓮池町がお勧めです。蓮池町は福岡県との県境の町ですが、佐賀市中心部へも車で15分、久留米方面へは30分と交通の利便性も抜群で、周辺環境は緑豊かな田舎風景が広がっています。また「モラージュ佐賀」・「ゆめタウン佐賀」等の大型ショッピング施設も車で15分圏内にあり、映画館も併設されているので休日は家族で一日満喫できます。