高気密、高断熱性を生み出す構造の仕組み

ホームへ戻る >  住宅購入は、人生最大のイベント  > 高気密、高断熱性を生み出す構造の仕組み

高気密、高断熱性を生み出す構造の仕組み山形県の人口は118万人、県の65歳以上の人口は、32万人となっています。総人口に占める割合は平成16年以降25%を超え、平成20年で26.8%と過去最高となっており、70歳以上人口の割合も20%を超えているために徐々に高齢化が進んでいます。


そして世帯数は39.2万世帯であります。住宅の総数は37万戸であり、そのうち持ち家は28万戸で約75%が持ち家であります。借家は8万8千戸であり約23%の割合であります。山形は、一戸建ての割合もかなり高く、山形で一戸建てを建てるのであれば、厳しい冬の寒さ対策が必須となります。

現在では高気密、高断熱性を生み出す構造の仕組みやソーラーシステムなどを売りにする工務店やハウスメーカーが多くなってきています。自分の希望の一戸建てが建てられるように、どの工務店、ハウスメーカーと契約するかが重要となってきます。まず、ご自身が一戸建てを建てる際に、こだわり条件や重視すべき事項を明確にして、各工務店やハウスメーカーと相談することが必要です。


一番良いのは山形での着工数や実績の多い会社が、その土地について理解が深く、その土地の気候や風土に合った一戸建てが建てられると言われています。